日経ビジネス 2002/02/18号

時流超流・トレンド
雪印ブランドは「邪魔な存在」 グループ最後の優良企業、アクセス社長に聞く

 2度の社会的事件を引き起こし、崖っぷちに立たされている雪印乳業グループ。その再建策の全貌が見えてきた。 赤字体質の牛乳事業は本体から切り離して、全農や全酪連と提携しながら収益構造を改善させる。「牛乳分離」を決行するわけだ。 そして、雪印本体は乳製品を中心とした企業となり、新たな出資を仰ぐ。その候補企業として、伊藤忠商事の名が取り沙汰されている。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1677文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
日本アクセス
雪印乳業
update:19/09/24