日経ビジネス 2002/02/18号

時流超流・トレンド
お寒い日本の狂牛病対策 欧州の研究者が首をひねる政府の姿勢

 世界で12カ国以上、累計では約18万5000頭の感染例が報告されている狂牛病。この問題への日本の対応には、欧州諸国は違和感を覚えている。 狂牛病により牛肉の消費不振に苦しむ畜産農家や精肉業界に対する補償制度を取り入れているのは、もちろん日本だけではない。(12〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1855文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > その他(医療・バイオ) > その他(医療・バイオ)
【記事に登場する企業】
日本政府
雪印食品
update:19/09/24