日経ビジネス 2002/02/11号

特集 ソフトバンク 宴の後始末 第1章
枯れゆく井戸、雨は降るか 市場が見放し、資金調達が困難に

 2月15日、ソフトバンクグループの投資会社、ソフトバンク・インベストメント(北尾吉孝社長)が東京証券取引所第1部に上場する。 同社はソフトバンクの投資事業の中核をなし、孫正義社長の片腕である北尾氏の配下にある会社だ。既にナスダック・ジャパン市場に上場しており、東証へは重複上場となる。(28〜30ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5026文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
【記事に登場する企業】
SBIホールディングス
ソフトバンク
大証ヘラクレス
update:19/09/24