日経ビジネス 2002/02/11号

本 著者に聞く パーソナル
池田  香代子 氏[口承文芸研究家] ネットで広がる現代の民話
 『世界がもし100人の村だったら』 

学者が書いた新聞コラムを誰かが電子メールで流した。以後約15年の時を経て、ネットでつながる人々を介して1つの物語となった。発売2カ月足らずで約86万部と大ヒット中の本書は、なぜ人々の心を打つのか。著者は今回の現象をどう見ているのか。(聞き手は富岡  修) ——昨年12月の発売以来、販売部数は約86万部と驚異的に売れています。内容はちょっと風変わりですね。(74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1622文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
マガジンハウス
update:19/09/24