日経ビジネス 2002/02/11号

時流超流・トレンド
川口さんにも手に余る? 「市場化」した外交にセンスゼロの外務省

 外務省は鈴木宗男代議士ら政治家の影響力を、今後排することができるか。「採るべきは採り、排すべきは排せ」(小泉純一郎首相)と精神規定を述べて排除できる類の影響力なら、話は簡単だった。法案や予算案などで政治家を頼る慣行は外務省に限らないにせよ、これがある限り問題は続く。(118ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1764文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
外務省
update:19/09/24