日経ビジネス 2002/02/25号

有訓無訓 コラム
トップは説明責任を果たすべし 片田  哲也[コマツ取締役相談役]

金融再生委員会委員や経済団体連合会の金融制度委員長を務めているせいか、以前から金融問題に関心が強かったのか、と聞かれますが、実際は違います。コマツの副社長時代に経団連で経済法規や税制問題を担当したのと並行して、旧大蔵省の証券取引審議会や金融制度調査会に関わることになり、これも運命ならば、徹底的に勉強して産業界の立場で国のために発言していこうと思った結果なの…(1ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1407文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
コマツ
日本経済団体連合会
update:19/09/24