日経ビジネス 2002/02/25号

特集 新・成長の限界 第2章 人口減少社会の処方箋
人口の壁を突き破れ アサヒビール・キリンビール/阪急電鉄/ベネッセコーポレーション
 膨張主義との決別  創業精神乗り越えろ  脱・競争社会への挑戦

 「2001年に稼働した神奈川工場が新しく作る最後の工場だ。しかも、東京工場の閉鎖があるから、生産能力が急激に大きくなるわけではない。今後の需要の増加には、既存設備の生産性向上で対応する」(アサヒビール) 2001年、ついにビール・発泡酒市場で念願のシェアトップの座についたアサヒ。(38〜40ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5101文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
キリンビール
阪急阪神ホールディングス
ベネッセホールディングス
update:19/09/24