日経ビジネス 2002/02/25号

特集 新・成長の限界 第3章 インタビュー・人物
堺屋  太一 氏インタビュー 新しい時代が始まる
成功体験との決別が未来を拓く

 明治以来、日本の社会経済の運営は人口増加と土地不足が前提でした。政策立案だけでなく、人々の考え方、行動様式自体が、人口は必ず増え、土地は恒久的に足りないことを暗黙の前提とし、日本文化はできていたと言えます。これが今、根底から崩れているのです。まずこのことをご認識いただきたい。 皆さんはすべてひっくり返ったと思っていない。(42〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4961文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24