日経ビジネス 2002/03/04号

時流超流・トレンド 人スクランブル
三菱重工業の「範師」 モノ作り支える“現場の神様”

 三菱重工業が製造現場に活気をもたらす粋な制度を導入した。今年1月、傑出した技能を持つ現場作業員を評価するために設けた「範師」という新たな呼称のことだ。この耳慣れない造語は、機械には置き換えられない熟練技能を持つと同時に、その技能の伝承や後輩の育成にも熱心な、人格面でも範となる人物像を表そうと、同社の人事部門が中心となって考えたもの。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1665文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 飛行機・ロケット
【記事に登場する企業】
三菱重工業
update:19/09/24