日経ビジネス 2002/03/11号

時流超流・トレンド In the Market
売りを誘うダイエーの再建案 「完成度低い判断」はどちらか

 「この点については、ぜひしっかりと理解したうえで、正確にお伝えいただきたい」。2月27日、ダイエーの高木邦夫社長は、再建計画を発表する記者会見の席上で、こう前置きをして、同社が進める減資についての説明を始めた。マスコミの不正確な報道と、それに影響を受ける証券市場への不信感を隠さない言葉である。高木社長は、何に苛立っていたのか。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1669文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
ダイエー
update:19/09/24