日経ビジネス 2002/03/11号

特集 さらば定昇・退職金
さらば定昇 ・退職金 賃下げ時代のサバイバル術

将来、新しい日本産業史が書かれるとしたら、2002年4月は定期昇給(定昇)やベースアップ(ベア)などによって毎年一定の割合で賃金が上がっていく「日本型賃金システム」が、完全に崩壊した時期として記述されるだろう。 まず、一般従業員までも含めた賃金カットの動きだ。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1278文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
【記事に登場する企業】
キヤノン
厚生労働省
神戸製鋼所
住友重機械工業
ダイエー
日本通運
日本生産性本部
update:19/09/24