日経ビジネス 2002/04/01号

時流超流・トレンド
日本型連合で勝てるのか 半導体再編第2幕、日立・三菱に課題多し

 日立製作所の庄山悦彦社長(写真右)と三菱電機の谷口一郎社長(同左、4月1日付で会長就任)は3月18日に会見し、システムLSI(大規模集積回路)事業を統合すると発表した。日立の半導体の売上高の5割強、三菱電機の6割を占める同事業を来年4月にも設ける折半出資会社に移す。各社が中核に据えるシステムLSIでの新連合誕生で、業界再編が加速するという観測もある。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1649文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > その他(経営危機・再建)
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > IC・LSI
【記事に登場する企業】
NEC
東芝
日立製作所
マイクロンメモリジャパン
三菱電機
update:19/09/24