日経ビジネス 2002/04/01号

編集長インタビュー 人物
松浦  康男氏[静岡銀行頭取] ペイオフ解禁はチャンス

 問 総合デフレ対策が打ち出されて、株価も反転しました。ですが、日本経済の行方はまだまだ予断を許しません。経済情勢をどう見ていますか。 答 金融界の転機を象徴したのは昨年でしたね。昨年の3月期決算、9月中間期決算で時価会計が導入されましたが、銀行は不良債権処理をしながらの決算を強いられた。しかも日経平均株価が1万円を割る状況でです。(118〜121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6371文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
政治・経済・社会 > 国内財政 > その他(国内財政)
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
【記事に登場する企業】
静岡銀行
update:19/09/24