日経トップリーダー 2002/04/01号

会社が潰れる時
苦し紛れの「産地偽装」で信用失墜 有名百貨店との取引打ち切りを恐れ、モラルを失った食肉販売会社

経営者の真の判断力は、苦境に立たされたぎりぎりの場面で試される。苦しさから逃れるため、土壇場で安易な道を選択した経営者は、その後、手痛いしっぺ返しを食らうことになりかねない。輸入牛を高級和牛と偽って販売し、世間の指弾を浴びた食肉販売会社の社長は、その落とし穴にすっぽりはまり、長年の信用を一瞬で失墜させてしまった。(90〜92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4007文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
update:18/08/02