日経トップリーダー 2002/04/01号

特集
導入の機運高まるが 過大な期待は失敗のもと

 「最近、異業種交流会に出席すると、年俸制やIT(情報技術)といった新しい経営手法を導入すべきかどうかが話題になることが多く、焦りを感じている」。都内に本社を置くある中小企業経営者はこう不安を口にする。 アウトソーシング、成果主義、業務IT化——。経営を革新するための新手法は枚挙にいとまがない。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1230文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 労働条件・給与・組合
情報システム > システム設計・開発 > その他(システム設計・開発)
【記事に登場する企業】
商工組合中央金庫
update:18/08/02