日経トップリーダー 2002/04/01号

誌上商談
蒸留水を電気分解し 酸素と水素を生成

 蒸留水を電気分解して水素と酸素の混合ガスを発生させる装置、「CPガスジェネレーター」を販売しています。この機械で生成したガスは、溶接など高温の火力を必要とする作業の燃料に適しています。発電装置の燃料としても利用可能です。価格は一時間に混合ガスを三立方メートル生成する装置が九〇〇万円。(132ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:377文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に登場する企業】
サンバードオート電機
update:19/09/24