日経ビジネス 2002/04/08号

時流超流・トレンド ニュースの死角
税制改革、まず国会での議論から  田中  直毅[21世紀政策研究所理事長]

 税制改革論議が開始された。税制の抜本改正のためには国会での討論につなげる道筋を明らかにしなければならない。現行税制の歪みを是正すれば、必ず既得権者の利益を損なうはずである。誰が現行税制で得をし、誰が損をしているのか。こうした利害の図式を明らかにし、より広い層に歪みの是正に伴う便益を自覚してもらうことだ。それには国会の役割が重要である。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1677文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
医療・バイオ > 看護・介護 > その他(介護・看護)
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
【記事に登場する企業】
21世紀政策研究所
update:19/09/24