日経ビジネス 2002/04/08号

一刀論断 コラム
競争しない学者たち 大学改革の将来は暗い 黒川  清[日本学術会議副会長、東海大学医学部教授]

 小泉純一郎内閣になって、遠山敦子文部科学相は大学の構造改革方針を発表した。99ある国立大学を大幅に減らすとか、民間の経営手法を導入し法人化するという。第三者に大学を評価させ、「トップ30」研究大学を世界最高水準に育てるとも言っている。 結構な話で、明治以来の大学教育を変える最後の機会だ。この機を逸したら今世紀に日本は没落し、間違いなく三流国になるだろう。(126ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1794文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
東海大学
update:19/09/24