日経ビジネス 2002/04/08号

特集 こうすれば「世界一」 第1章
シャープ 液 晶 一点集中で資源を投下

世界一効果で株価が1.5倍に跳ね上がった企業がある。液晶の王者、シャープがそれだ。 昨年の10月末、株式市場はシャープの2001年度9月中間期決算を固唾をのんで見守っていた。主力の液晶は1年間で30%以上も平均価格が下がり、国内の大手液晶メーカーは軒並み、液晶事業だけで100億円単位の赤字に転落していたからだ。(31〜33ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4879文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
パソコン・デジタルギア > ディスプレイ > 液晶ディスプレイ
【記事に登場する企業】
シャープ
update:19/09/24