日経ビジネス 2002/04/22号

時流超流・トレンド
日本の会計士は要らない?

 ある大手監査法人のベテラン会計士が苦笑交じりに話す。「これは、日本の会計士、会計業界は要らないということですかね」。「これ」とは、今年3月に金融庁が公表した内閣府令案のことだ。案では、米証券取引委員会(SEC)に登録している日本企業が連結財務諸表を作成する場合は、SECの基準を用いることを認めている。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:777文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
【記事に登場する企業】
金融庁
update:19/09/24