日経ビジネス 2002/04/22号

時流超流・トレンド
クラビット、異例のTOBへ 上場1カ月、スカパーからの契約解除で決断

 3月8日にナスダック・ジャパン市場に株式上場したばかりのクラビット(東京・中央区、橋本太郎社長)が、上場後1カ月しか経っていない4月11日、親会社による株式公開買い付け(TOB)に踏み切ると発表した。一定の株主が買い付けに応じれば、クラビットは上場廃止になる。いかに新興企業といえど、上場後1カ月強でこのような事態に陥るのは前代未聞。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1784文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 資金調達
通信・ネットワーク・放送 > 放送サービス(旧) > BS/CS放送(旧)*
【記事に登場する企業】
スカイパーフェクト・コミュニケーションズ
ソフトバンク・ブロードメディア
ブロードメディア
update:19/09/24