日経ビジネス 2002/04/22号

特集 逆境に克つ現場 第2章
信念貫く現場は死なず

昨年9月に経営破綻し、イオンの支援を受けて再建を進めるマイカル。ここ数カ月の売上高は前年比80%前後と復活への道のりは険しいが、再生に向け孤軍奮闘している現場が存在する。 群馬県高崎市、JR高崎駅前の繁華街の中心にある高崎ビブレ。2002年2月期の売上高は約91億円。前期比1.5%減と、破綻の影響を最小限に食い止めた。開業から5年間で売上高の伸びは28%にもなる。(35〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3702文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > 新型・モデルチェンジ・販売体制
サービス・流通・生活・文化 > その他(サービス・流通・生活・文化) > その他(サービス・流通・生活・文化)
【記事に登場する企業】
マイカル
三菱自動車
update:19/09/24