日経ビジネス 2002/04/22号

特集 逆境に克つ現場 第5章
ウェルチ待つより芽を探せ

 卓越した能力を持つ経営者がいれば、企業を劇的に変えることは可能だろう。米ゼネラル・エレクトリック(GE)前会長のジャック・ウェルチや日産自動車社長のカルロス・ゴーンはその典型だ。しかし、カリスマの登場を待っていても、会社はよみがえらない。日本企業の反転・再生の芽は現場にこそ埋もれている。 2001年、ビール・発泡酒市場で首位に立ったアサヒビール。(44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1299文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
ホンダ
update:19/09/24