日経ビジネス 2002/04/22号

戦略 対日投資 経営
ウォーバーグ・ピンカス(米大手投資ファンド) 担保はいらない、人こそ資産

 米クリントン政権下で大統領補佐官を務め、日米包括経済協議でタフネゴシエーターとして鳴らしたボーマン・カッター氏。このほど日本を訪れ、「これから日本に大きなビジネスチャンスが生まれる」との認識を深めた。 片や急成長中のオフィス用品通販、アスクルで物流部門を率いる大谷浩志氏。(48〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4708文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
【記事に登場する企業】
アスクル
米ウォーバーグ・ピンカス社
ULSグループ
ワールド・ロジ
update:19/09/24