日経ビジネス 2002/04/29号

時流超流・トレンド
吉本が経団連に入る理由 重厚長大企業からも認められ変化の時代を象徴

 明石家さんまやダウンタウンといったお笑いタレントのマネジメントを手がける芸能プロダクションの吉本興業が、経団連に加入することになった。現在は事務手続きの最中で、5月下旬に正式決定となる見通しだ。 お笑いの会社と、重厚長大企業が主体のお堅い経済団体——。一見何の接点もない両者を結びつけたのは、意外なことに霞が関だった。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:916文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(有線ブロードバンド) > xDSL接続サービス*
サービス・流通・生活・文化 > メディア・音楽・スポーツ > その他(メディア・音楽・スポーツ)
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ > xDSL接続サービス*
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
【記事に登場する企業】
日本経済団体連合会
吉本興業
update:19/09/24