日経ビジネス 2002/04/29号

時流超流・トレンド
「業績低下は報道が原因だ」 ユニクロ柳井社長が思わず漏らした過激発言

 このコメントが、資金繰り不安の風評被害に悩む崖っぷち企業のトップから飛び出したのであれば、真意はともかく心情的には理解できる。しかし、2002年8月期に単体で40%を超える大幅減益を見込むとはいえ、なお16.5%の売上高営業利益率を維持する高収益企業、ファーストリテイリング(店名はユニクロ)の柳井正社長の発言とあれば、話は別だろう。(10ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1621文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
ファーストリテイリング
update:19/09/24