日経ビジネス 2002/04/29号

特集 働き方 見つけた 第1章 個人が変わる
大企業とは仲良く別れる 出身母体を有効活用、鮮やかに転身した3人の侍

 「君がいなくてもIBMは困らないが、ウチは困る」。そんな誘いの言葉を意気に感じ、阿久津修一(49歳)がパソコンメーカー、プロトン(神奈川県藤沢市、社長・大槻眞)に入社したのは1999年10月のことだった。3年間休職制度で転身容易に 技術者として20年勤めた日本IBMは、今でも「あんないい会社はない」と思っている。(34〜35ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2880文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 新会社・新団体・起業
【記事に登場する企業】
アクセラテクノロジ
ディースリー・パブリッシャー
ラネクシー
update:19/09/24