日経ビジネス 2002/04/29号

ケーススタディー 経営
マックスバリュ東海(旧ヤオハン) 現場主導の再生劇

 無謀な海外投資のツケで1997年9月に会社更生法の適用を申請したヤオハン(旧ヤオハンジャパン、本社・静岡県沼津市)。当時その復活を信じた人がどれだけいただろうか。 負債総額は、当時の流通業で戦後最大の1613億円。和田一夫元会長が最後まで延命に走った結果、手元資金は売上高にしてわずか2日分しか残っていなかった。(46〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7579文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
イオン
マックスバリュ東海
update:19/09/24