日経ビジネス 2002/04/29号

敗軍の将、兵を語る 人物
東 正元 氏  [トヨタ自動車労働組合執行委員長] 断腸のベアゼロ受諾も雇用死守

 今年のトヨタ自動車の春闘は、賃上げは定昇のみでベースアップなし、一時金は満額の220万円で決着しました。3月13日の回答日ぎりぎりまで、交渉を続けましたが、「ベアゼロ」を受け入れざるを得なかったのはとても悔しいし、組合員の皆さんからの厳しい声は相当数あります。(115〜118ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5355文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
update:19/09/24