日経ビジネス 2002/05/13号

編集長インタビュー 人物
桑野  幸徳氏[三洋電機社長] 全方位提携で技術を磨く

 問 日本のエレクトロニクス産業が不振にあえぐ中で、三洋電機の業績は堅調ですね。 答 2001年度は大変厳しかったんですが、何とか黒字を確保しました。三洋は日本企業の問題点が噴き出た1999年頃からビジネスモデルを変え始めていたんです。今年度大赤字を出さずに済んだのも、長い取り組みのおかげでしょう。 高付加価値商品のヒットにも助けられました。(114〜117ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6287文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
車・機械・家電・工業製品 > 白物家電 > その他(白物家電)
【記事に登場する企業】
三洋電機
中国・ハイアール社
update:19/09/24