日経ビジネス 2002/05/20号

時流超流・トレンド 人スクランブル
税制改革の急先鋒、本間正明・大阪大学教授  阪大人脈駆使し抜本改正に挑む

 恐らく霞が関の経済官庁の官僚が今、最も警戒し、煙たがる経済学者なのだろう。税制改革論議が山場を迎える中で、中心的な役割を演じているのが大阪大学教授で政府の経済財政諮問会議の議員を務める本間正明氏(58歳)だ。「民間の活力を引き出す改革を」と、硬直的な税制に切り込む姿には、果敢さとともに孤独感も漂う。 国会議事堂を間近に望む内閣府の一 室。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1754文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 経営陣・キーマン
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
【記事に登場する企業】
大阪大学
内閣府
update:19/09/24