日経トップリーダー 2002/05/01号

倒産の研究
関山(酒類卸売業)
薄利のビール販売競争で疲弊 卸先を過剰支援して共倒れ

 今年二月中旬、アサヒビール茨城支社の営業担当者が、同社の特約店である大手酒類卸会社、関山(ひたちなか市、関山日出男社長)の大口取引先を次々と訪問した。 何の用なのか、いぶかる取引先に対して、こんな申し出を行ったという。「関山さんから、御社への売掛債権を譲渡していただきました。つきましては今後、支払いは当社の口座にお願いしたいのですが……」。(64〜66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4136文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 人事 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > リストラ・レイオフ
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
きしね
サントリーホールディングス
常陽銀行
関山
セブン-イレブン・ジャパン
update:18/08/02