日経トップリーダー 2002/05/01号

情報テクノロジー
在庫管理の新工夫
ネットで情報を共有 取引先までまとめて改善 管理手法にも工夫を加えて効果倍増

在庫管理にパソコンなどIT(情報技術)を全く活用していない会社はもはや少ないだろう。最近では、インターネットなどを活用することで、仕事の流れを上手につくり変えているケースも目立ってきた。在庫データを生かして、協力会社の生産性を向上させたり、取引先との受発注業務のスピードアップにつなげる会社も登場している。(148〜150ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3381文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる216円
買い物カゴに入れる(読者特価)108円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(携帯・PHS) > ネット接続サービス(携帯・PHS)
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > リサイクル・廃棄物処理
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他部品(車・バイク)
情報システム > 基幹業務システム > プロジェクト・工程管理・生産管理システム
通信・ネットワーク・放送 > 企業向けインターネット接続インフラ(携帯・PHS) > ネット接続サービス(携帯・PHS)
ビズボードスペシャル > 環境 > リサイクル・廃棄物処理
【記事に登場する企業】
アトム電器
イケヤフォーミュラ
パシフィックネット
update:18/08/02