日経トップリーダー 2002/05/01号

経営者のための話の小箱
ビジネス新語

 無線で構築したLAN(構内情報通信網)によって、利用客のためにインターネットに高速で接続できる環境を整えた場所のこと。 現在、JR東日本や日本テレコム、NECコミュニケーションなどさまざまな企業が、駅や空港、コンビニ、ファーストフード店などでホットスポットサービスを提供するための実証実験を進めている。今年の夏までに数社が有料でサービスを開始する予定だ。(157ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:903文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 個人向け無線インターネット接続サービス > 公衆無線LANサービス
情報システム > システム運用管理 > システム運用手法
政治・経済・社会 > 国内財政 > 株・投資動向
政治・経済・社会 > 国内経済 > 株・投資動向
【記事に登場する企業】
NECコミュニケーションネット
JR東日本
ソフトバンクテレコム
update:18/08/02