日経ビジネス 2002/06/03号

時流超流・トレンド
ソニーの勝利宣言は早計 劣勢のXboxにマイクロソフトが多額資金投入

 米マイクロソフトが昨年11月に発売した家庭用ゲーム機「Xbox」の苦戦が鮮明だ。同社は今年6月末までの世界における目標販売台数を、当初の450万〜600万台から350万〜400万台に引き下げた。ソニー傘下のソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が「プレイステーション2」を既に世界で3000万台出荷したのに対し、大きく水をあけられている。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1773文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
パソコン・デジタルギア > ゲーム機 > ゲーム専用機
サービス・流通・生活・文化 > ゲーム > ゲーム専用機
【記事に登場する企業】
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
米マイクロソフト社
update:19/09/24