日経ビジネス 2002/06/03号

経営者の眼 コラム
日本でもカウンセリングの充実を 丹羽  宇一郎[伊藤忠商事社長]

 伊藤忠商事はこのほど、社員の仕事上の悩みを解決する専用窓口としてキャリアカウンセリング室の設置を決めた。仕事が原因で不安やストレスを感じている人が、専門のカウンセラーに相談できるように体制を整える。早ければ、6月中にも開始する予定だ。実はこの制度を導入しようと考えたのは、1人の社員が心の病にかかってしまったことがきっかけだった。(91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1721文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 精神の疾患
【記事に登場する企業】
伊藤忠商事
update:19/09/24