日経ビジネス 2002/06/10号

時流超流・トレンド
危うしネット接続事業者 合従連衡による拡大志向も生き残りの保証なし

 昨年末からくすぶり続けていたインターネット接続事業者大手のニフティ(東京都品川区)とソニーコミュニケーションネットワーク(SCN、サービス名はSo−net)の統合交渉が、5月末、白紙に戻った。最大手ニフティの買収へ意欲を見せていたSo−netの親会社ソニーが、ニフティの親会社、富士通と金額面で折り合わず、買収を断念したのだ。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1566文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
インターネットサービス > 個人向けインターネット接続インフラ(その他) > その他(個人向けインターネット接続インフラ)
【記事に登場する企業】
ソニーネットワークコミュニケーションズ
ニフティ
update:19/09/24