日経ビジネス 2002/06/10号

時流超流・トレンド
鶏肉もBSEの危険性あり 日本は“食の安全”をどう守るべきか

 BSE(牛海綿状脳症、狂牛病)や国内では無認可薬品を使用した食品の輸入が増えていることを背景に、農林水産省などが母体となり食品の安全を総合的に管理する組織を設立しようという議論が進んでいる。実はこうした組織の運営は予想以上に難しいのが現実だ。組織の内容や権限、業務範囲などはこれからの議論をまつ必要がある。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1698文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 食の安全
医療・バイオ > 食品衛生 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食の安全
【記事に登場する企業】
アイルランド政府
update:19/09/24