日経ビジネス 2002/06/10号

特集 税制改革 JUST DO IT. 第2章
税は民主主義の基礎  竹中平蔵・経済財政担当相に聞く

移り気な人心のほかには支持基盤を持たない首相と、その首相の信認以外拠り所のない経済財政担当大臣と。税制改革の成否はこの2人にかかる。いかにも非力である。どうせ失敗するだろう。 そう高をくくるのはやさしい。多くのメディアが取る姿勢でもある。だが訳知り顔に足を引っ張るより、彼らがやりたいと言う税制改革を、とりあえず虚心に聞いてみたい。(36〜37ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3344文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
update:19/09/24