日経ビジネス 2002/06/17号

時流超流・トレンド
金型のオギハラ、リップルウッドと提携検討の裏側 技術はあってもカネはなし

 技術は世界一のお墨つき、にもかかわらず国境を超えて事業を展開するだけの資金力を持たず、メーンバンクには単独でリスクを取る体力が残っていない。背景には良い製品さえ作れば資金面の戦略などなくても成長できる、という過去の経験則に基づいた経営姿勢の限界が見え隠れする。(6〜7ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3444文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > その他部品(車・バイク)
サービス・流通・生活・文化 > 行楽 > アミューズメント施設
【記事に登場する企業】
オギハラ
米スターウッド・ホテルズ・アンド・リゾーツ・ワールドワイド社
米リップルウッド・ホールディングス社
update:19/09/24