日経ビジネス 2002/06/17号

小さなトップ企業 経営
片岡製作所(リチウムイオン電池用レーザー溶接機の製造) 事業は捨ててもコア技術は残す

 携帯電話やノートパソコンに欠かせないリチウムイオン電池は、厚さ数mmのアルミケースに電極や電解液を入れ、上ぶたを精密に溶接して作る。このリチウムイオン電池用レーザー溶接機で、国内市場の80%、世界市場の65%を押さえるのが片岡製作所(京都市、片岡宏二社長)だ。 リチウムイオン電池の生産においては、密封性を保つことが絶対条件となる。(62〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3031文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > 製造機械・工具
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
【記事に登場する企業】
片岡製作所
update:19/09/24