日経ビジネス 2002/06/24号

時流超流・トレンド In the Market
長期下落から抜け出せない三共  医薬品業界、武田対その他に

 三共の株価が長期下落基調から抜け出せないでいる。今年2月になって長らく下値抵抗線と見られていた2000円をあっさりと割り込み、その後も下落が続き、6月中旬には1600円台半ばをつけた。 一時は株式時価総額で医薬品業界トップの座にいた三共の凋落により、好調を続けるトップの武田薬品工業との差はさらに広がった。今では2位から5位までの時価総額を合計しても武田に及ばない。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1566文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
【記事に登場する企業】
三共
武田薬品工業
update:19/09/24