日経ビジネス 2002/06/24号

特集 時価経営で強くなれ 第4章
製造業も決して無縁でない 減損処理が信用リスクに与える影響を大胆に試算

減損処理によって負の影響を最も被るのは京成電鉄。住友不動産、三菱自動車工業や丸紅、日商岩井も信用評価の大きな低下を免れない——。 本誌はこのたび格付け機関の1つ、格付投資情報センター(R&I)の協力を得て、減損処理をした場合に企業の信用リスクがどれだけ増し、格付けがどう変わるか試算を試みた。(40〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1923文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
update:19/09/24