日経ビジネス 2002/06/24号

技術者の眼 コラム
海外生産の増加を悲観するな 唐津  一[東海大学教授]

 日本の製造業の海外生産比率は、ある調査によれば24%になったという。海外の低賃金に押されて日本の産業の空洞化が進んでいると言いたくなるかもしれない。しかし、中身をよく見ると、むしろ別の原因がほとんどで「低賃金を求めて」は、意外に少ないことが分かる。「お客のそばで」が基本 富山県黒部市には世界一のファスナーメーカーの工場がある。(91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1732文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 新会社・新団体・起業
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
【記事に登場する企業】
東海大学
update:19/09/24