日経ビジネス 2002/06/24号

一刀論断 コラム
経歴自慢ほど使えない 転職市場の厳しい現実 加藤  春一[東京エグゼクティブ・サーチ社長]

 先日、欧州機械メーカーから「日本法人の社長をヘッドハンティングしてほしい」と頼まれた。そこで、数多くの候補者に当たって、絞り込んでいった結果、2人が残った。1人は、国内の有名大学を卒業して、米コロンビア大学で経営学修士(MBA)を取得した学歴を持つ。そして一流企業に就職した後、外資系メーカー日本法人の社長も経験していた。(158ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1742文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
【記事に登場する企業】
東京エグゼクティブ・サーチ
update:19/09/24