日経ビジネス 2002/07/01号 別冊

特別編集版 日本経済 陽はまた昇った 夢論超論 魔法の杖が使えたら…
細胞モデルがあれば、医療技術は飛躍的に伸びる 北野  宏明[ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー]

ヒトゲノム(全遺伝情報)の解読が発表されておよそ2年が過ぎました。遺伝子が解読できたからといって、生命の仕組みが解明できたわけではありません。人の遺伝子は、当初予想されていたよりも実際には少ない1つの遺伝子が、複数のたんぱく質を作り分けていることが分かりました。 しかしたんぱく質は、人の生命を構成する単なる「部品」に過ぎません。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1392文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ技術 > 遺伝子・細胞
【記事に登場する企業】
ソニーコンピュータサイエンス研究所
update:19/09/24