日経ビジネス 2002/07/01号 別冊

特別編集版 日本経済 陽はまた昇った 日本経済「企業」から始まる再生●主要28
1 重電・産業用電機 「1社で十分」な時代 国内には活路なし

「我が社で最も古く、伝統を誇る事業。しかし、もう先輩諸氏の思いを乗り越え、過去にとらわれずに動かなければならない時代だ」 今年3月、三菱電機の谷口一郎社長(当時、現会長)は東芝との系統変電事業の統合を発表した会見でこう発言した。これまで、国内電力会社の設備投資を頼りに事業を拡大してきた重電機器各社。(142ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1413文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
【記事に登場する企業】
東芝
日立製作所
三菱電機
update:19/09/24