日経ビジネス 2002/07/01号 別冊

特別編集版 日本経済 陽はまた昇った 日本経済「企業」から始まる再生●主要28
8 化 学 国内再編終え アジアで存在感

需要が減り続ける国内市場の中で沈んでいくのか。それとも、中国を主戦場とするアジア市場での勝ち組となるのか。日本の化学メーカーがどちらに転ぶかは、今後の取り組み次第で大きく変わってくる。 三菱化学など総合化学大手6社の2001年度の決算は、全社が大幅減益。その額はアジア通貨危機が起きた翌年の1998年度に次ぐ最低水準まで落ち込んだ。(155ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1443文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
【記事に登場する企業】
住友化学
三井化学
三菱化学
update:19/09/24