日経ビジネス 2002/07/01号 別冊

特別編集版 日本経済 陽はまた昇った 日本経済「企業」から始まる再生●主要28
20 証 券 合併・再編が加速 1400兆円争奪戦

日本の家計資産の半分以上は現金・預金に回り、株式・債券・投資信託はわずか14%。それに対し米国は逆に半分以上が株式などで、現金・預金は12%に過ぎない——。 日本銀行が2001年12月末時点でまとめた資金循環勘定によると、1400兆円に上る国内の個人金融資産が現預金として凍りつき、証券界が「巨大市場」を取り込めていない実態が浮き彫りだ。(170ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1439文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
政治・経済・社会 > 国内経済 > その他(国内経済)
update:19/09/24