日経ビジネス 2002/07/01号 別冊

特別編集版 日本経済 陽はまた昇った 日本経済「企業」から始まる再生●主要28
21 生 損 保 生保の株式会社化 再編の火種に

生命保険、損害保険とも経営環境は厳しい。2001年度決算では、多くの生保で財務の健全性を示すソルベンシーマージン(支払い余力)比率が低下した。最大の要因は金利や株価の低迷という外的なものだ。しかし、契約者の保険料を預かり、数十年の超長期にわたって安定的に運用するためには、ALM(資産・負債の総合管理)の視点が不可欠。(171ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1430文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > その他(財務)
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 合併・吸収
政治・経済・社会 > 国内財政 > 保険・年金・金利
【記事に登場する企業】
大同生命保険
明治生命保険
安田生命保険
update:19/09/24